キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地名義変更と相続時精算課税制度とは : 生前の土地の名義変更で贈与税対策

土地名義変更と相続時精算課税制度とは

生前の土地の名義変更で贈与税対策

おすすめ記事

生前の土地の名義変更

生前に土地の名義変更を行う場合、税金がかかる

生前に土地の名義変更を行うメリット

生前に名義変更を行うと争いを避ける

土地名義変更と相続時精算課税制度とは

生前に土地の名義変更を行うにはメリットも大きいですが、贈与税というものがかかってきてしまいます。

しかも、高額ですのでそれを払い続けるのはやはりきついものがありますよね。

でも、それを免れることが出来る方法があると言うお話しをさせていただきました。

それは、相続時精算課税制度と言うものでしたね。

では、この相続時精算課税制度とは具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。

これは、実は最近出来た制度なのですよ。

この制度は、生前に贈与することを相続に生産することにしたものです。

例えば、相続時精算課税制度を使うことにしたら、生前の贈与には2500万円までは課税しなくても良いと言うことになり、その額を超えても20パーセントのみの負担となります。

そして、実際に相続の時に、相続の計算をして、納めていた贈与税の金額では足りなければ足りない分を払うと言うことになります。

また、払い過ぎていた分があれば、もちろん返ってくると言うことになるのです。

ですから、相続税のかからない範囲であれば、贈与税なしで贈与出来ると言うことになります。


>> 生前の土地の名義変更で贈与税対策TOPへ

Copyright (C) www.covenoxford.com. All Rights Reserved.

生前の土地の名義変更で贈与税対策