キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の名義変更と相続時精算課税制度 : 生前の土地の名義変更で贈与税対策

土地の名義変更と相続時精算課税制度

生前の土地の名義変更で贈与税対策

おすすめ記事

生前の土地の名義変更

生前に土地の名義変更を行う場合、税金がかかる

生前に土地の名義変更を行うメリット

生前に名義変更を行うと争いを避ける

土地の名義変更と相続時精算課税制度

生前に土地の名義変更を行うにあたって、亡くなられてからの土地の名義関係の争いを避けると言うメリットがありました。

その他にも、財産移転が可能ですので、財産を有効利用することが出来、活用することが出来ると言えるでしょう。

色々と考えるとメリットは大きいかと思います。

でもやはり問題は税金ですよね。

税金がかかるのはやはり御免だと思ってしまうのは当たり前です。

因みにこの税金は贈与税と呼ばれています。

贈与してかかる税金だからです。

この贈与税は、結構高額です。

高額と聞くとますます避けたくなってしまうものですが、実は、この贈与税の負担を避ける方法があるのです。

贈与税を避ける方法があるのなら、デメリットがなくなりメリットしか残らないでしょう。

どうやって贈与税をなくすかと言いますと、「相続時精算課税制度」というものを活用します。

こんぼ言葉自体初めて聞いたと言う人も少なくないかと思いますが、この制度の意味を簡単に言いますと、贈与税の負担なしで贈与が出来る方法があるということです。

この相続時精算課税制度をどうやって活用していくのか次にお話ししていきたいと思います。


>> 生前の土地の名義変更で贈与税対策TOPへ

Copyright (C) www.covenoxford.com. All Rights Reserved.

生前の土地の名義変更で贈与税対策